Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Sponsored links
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
見仏記 (角川文庫)
見仏記 (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
いとう せいこう,みうら じゅん
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
滋賀に一時間で行けるなんて
 午後からわんこが「近江に行こう」と言う。
私は「近江って、遠いやんか」
わんこ 「一時間もあったら行けるんやで。」
私 「京都まで一時間はかかるのに、絶対に無理!」
わんこ 「大丈夫やって。」
というので、滋賀に向かう。道は混んでなくて、京滋バイパスを通り、石山I.Cで降りる。

ちなみに、京滋バイパスは「踊る大捜査線、レインボーブリッジを封鎖せよ」で織田裕二が「レインボーブリッジ封鎖できません!」と、室井管理官に言ったシーンの撮影場所。

石山寺に着いたのは、ちょうど一時間。ひえー、すごい!本当に一時間で来れるなんて。


091018_143656.jpg

西国三十三ヶ所の一つ、石山寺ではご本尊が御開帳中(通常は33年毎)
綺麗な装飾をまとった観音様は思ったより大きかった。ご縁を結んできました。



11月21日(土)13時〜越木岩神社散策(希望者)後、14時〜猫巡礼88
17時〜交流会

11月22日(日)9時30分〜16時20分 猫の學校(後期)

会場は両日ともにBarこいのにあ

詳細・お申し込みはこちら
posted by: ゆめねこ | 仏像 | 08:46 | comments(0) | trackbacks(0) |-
阿修羅
090408_113018.jpg

東京国立博物館で開催中の「阿修羅展」へ。
すごい人で、10時過ぎに着いた時には20分待ちの入場制限。
15分くらいで入れたが、当然のことながら中もたくさんの人、人、人。
阿修羅さまのまわりはさらに凄い!
興福寺では、ガラス越しにしか見ることはできないが、ここでは、背中も見ることができる。
美しいお顔を見ることができて良かったが、落ち着いて見ることができず、残念ではあった。
そして、来ていると思ってた金剛力士像の阿形、吽形と天燈、龍燈鬼立像はいなかった。
もちろん阿修羅さまは素晴らしいのだが、これらの仏像さまも大変、素晴らしい。
秋に興福寺へ行こうと思った。
阿修羅さまのフィギアも大人気で、すでに売り切れていた。
そういえば、みうらじゅん氏も持っていた。

外に出ると、さらに人が増えている。なんと、50分待ち。
阿修羅さまもびっくりしているだろう猫2

090408_113046.jpg
posted by: ゆめねこ | 仏像 | 08:33 | comments(2) | trackbacks(0) |-
美仏巡礼
体調が戻り、やっとパソコンで作業ができるようになったが、1時間半ほどで切り上げる。


「Nero」でパンを買い込み、遅い昼食の後、小野にある浄土寺を訪れた。
そういえば、昼食にパンを食べるのも久しぶり。体調の回復が嬉しいニコニコ

浄土堂に阿弥陀三尊像がいらっしゃる。
思ったより大きい。快慶作で迫力があって、圧倒される。
気付かなかったが、阿弥陀如来様の上げている手が左右逆だそうだ。なぜ?
爪が長いのも珍しい。

お堂の西から差し込む太陽の光に阿弥陀三尊像が照らし出されて、西方極楽浄土から仏様が来迎する場面を体感することができるという。
それを待つには寒すぎる堂内だった。

090112_192245.jpg

今朝はこの冬一番の冷え込み。皆さま、暖かくしてお過ごしくださいね。
posted by: ゆめねこ | 仏像 | 08:23 | comments(0) | trackbacks(0) |-
やっぱり、惹かれる薬師寺
お家でゆっくり過ごす。

「薬師寺〜白凰伽藍の一年〜」を観ることができた。石坂浩二の語りがまたいいのである。
東の搭が倒壊してしまう危機にあるらしく、解体修理することになるらしい。1300年ものあいだ、支えてきた柱などが傷んできているようだ。

薬師三尊像が素晴らしいのは変わらない。
お背中はたいへん美しく、また見とれてしまった。
感動!
やっぱり縁がある。全てに繋がっているように思う。

里中満智子さんが持統天皇のお話を描いたものがあるそうだ。
薬師寺を創建したのが、天武天皇その皇后が、後の持統天皇。
その漫画を今度、探してみよう。

090103_084126.jpg

薬師如来さまの左手。
posted by: ゆめねこ | 仏像 | 08:46 | comments(0) | trackbacks(0) |-
今、ふたたびの奈良へ
JR東海のCM、しんしんと降る雪の中、佇む室生寺。
このCMを観て、はたと思った。ここに行かなくてはと。
それに付き合ってくれる、わんこに感謝!

奥深い山と渓谷に囲まれた室生の地は太古の火山活動によって形成された室生火山帯の中心部。
参道は掃除が行き届いていて気持ちがいい。

081230_125022.jpg

石段の両脇には石南花が沢山ある。花の咲くころはたいへん美しいことだろう。
この石段を昇ると金堂がある。
そこには美しい十一面観音様がいらっしゃる。
思ったより小柄でほっそりとしている。

081231_075319.jpg

後背は後から造られたもの。
かなり剥げ落ちているが、彩色豊かな仏様だったのがわかる。

その前には運慶作と言われている十二神将像。高さは1mあるだろうか。

金堂の上には本堂があり、そこから山にむかって石段がある。

081230_132018.jpg

奥の院まで続いている。
病み上がりには少々キツイ(笑)

来年のカレンダーも見付かり、満足度いっぱいの奈良だったてれちゃう

ただ、風邪が振り返したようなあせあせ


今日は大晦日。
私のblogを読んでくださった方に感謝でいっぱいです。
ありがとうございました。
皆さま、猫さま、よいお年をお迎えくださいませ。
posted by: ゆめねこ | 仏像 | 08:16 | comments(0) | trackbacks(0) |-